Apple、Apple税(App Storeの手数料)の変更は業績に悪影響を与えると投資家に警告

Appleが、Apple税(App Storeの手数料)の変更は、業績に悪影響を与えると投資家に警告しています。

2020会計年度のAppleの「Form10 -K」によると、Appleは投資家に、App Storeの手数料の変更(特にサブスクリプションにおいて)は、2020年のMac販売の主要な推進力としてMacBookProを強調した規制当局への提出で収益を損なう可能性があると警告しています。

「Form10 -K」は、証券取引委員会が特定の基準を満たす企業に要求する企業の財務状況の要約です。

「そのような販売に対して当社が保持する手数料率が引き下げられた場合、またはその他の方法で範囲が狭められたり排除されたりした場合、当社の財政状態および経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能性がある」とAppleは提出書類に記載しています。

Appleは、独占禁止法の規制当局、議員、開発者から、App Storeでは、Appleに売上げの30パーセントを奪われるとしして非難されています。また、マイクロソフト、フェイスブック、Epic Gamesも、サブスクリプションへの手数料が高すぎると同様の主張をしています。

(via AppleInsider

Apple税については、次の記事をご覧ください。

https://ipadmod.net/2020/10/31/%e9%96%8b%e7%99%ba%e8%80%85%e3%81%8b%e3%82%89%e6%89%b9%e5%88%a4%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8bapp-store%e3%81%ae%e3%80%8capple%e7%a8%8e%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/

Last Updated on 2020年10月31日 by M林檎