Apple、2020年第4四半期の決算を発表!収益は9月四半期の記録を樹立

Appleが、本日、2020年第4四半期(7-9月期)の決算を発表しました。

カリフォルニア州クパチーノ— 2020年10月29日— Appleは本日、2020年9月26日に終了した2020年度第4四半期の決算を発表しました。同社は9月四半期の売上高が647億ドル、希薄化後1株当たりの四半期利益が0.73ドルでした。海外売上高は四半期の売上高の59%を占めました。

Appleの取締役会は、当社の普通株式1株あたり0.205ドルの現金配当を宣言しました。配当金は、2020年11月9日の営業終了時点で登録されている株主に2020年11月12日に支払われます。

「逆境に直面する中、Appleはイノベーションで特徴づけられる会計年度を記録的な業績の7~9月期で締めくくりました。これを先導したのが過去最高の売上高を記録したMacとサービスです。COVID-19の影響が続く中、Appleはこれまでで最も多くの製品発表を行っている期間の真っ只中におり、当社として初めての5G対応iPhoneラインナップが先導する当社のすべての新製品への初期反応はすばらしくポジティブなものでした。遠隔学習からホームオフィスまで、Appleの製品はパンデミックが続く中でユーザにとって世界への窓となり、私たちのチームはクリエイティビティと情熱、そしてAppleだけが提供できる大きなアイデアの数々によって今この瞬間のニーズに応えてきました」と、AppleのCEO(最高経営責任者)ティム·クックは述べています。

→Apple Reports Fourth Quarter Results

Last Updated on 2020年10月31日 by M林檎