Apple、Siriを改善するためにAIスタートアップ「Vilynx」を買収

Bloombergが、Appleが今年初めにAppleデバイスに組み込まれたSiri音声アシスタントを改善する目的で人工知能のスタートアップVilynxを買収したと報告しています。

VilynxのWebサイトは現在は機能していませんが、同社は「メディア向けAI」と称し、メディア企業がNetflixやその他の主要なメディア大手と競争するのに役立つツールを開発しました。

Vilynxには、生のビデオをカタログ化して検索可能にし、ビデオ、テキスト、画像のメタデータを提供するツールがありました。ビデオを処理してから、関連するコンテンツタグを提供しました。

Appleは、Vilynxテクノロジーを使用して、「Siri」や、PhotosなどのAppleデバイス上の他のAIベースのソフトウェアを強化する可能性があります。Appleは同社に約5000万ドルを支払異した模様ですが、いつもの通り非公表です。

Vilynxのバルセロナオフィスは引き続きAppleの下で運営され、Appleはそれをヨーロッパの主要なAI研究開発センターに変えることを計画しています。約50人のVilynxエンジニアとデータサイエンティストがAppleに残っており、Appleは新しいオフィスのために追加のエンジニアを雇っています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年10月28日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)