AirPowerの開発プロジェクトは、中止になった可能性!?

AirPowerの開発プロジェクトは、中止になった可能性あるようです。

この問題に精通している情報筋を引用して、リーカーのJon Prosserは、予定されていたAirPowerのプロトタイピングとテストがAppleの2021年のカレンダーから最近削除されたと述べた。プロジェクトは無期限に延期された模様です。

2017年に発表されたAirPowerは、モバイルデバイスエコシステム全体にサービスを提供する充電器を作成するためのAppleの試みでした。その年のiPhoneXイベント中にプレスすることが実証されたように、マットの初期バージョンは、AppleWatchを含む最大3つのデバイスに電力を供給することができました。充電器には、自由配置の充電を可能にする一連のコイルが組み込まれています。

何度か発売を延期した後、Appleは2019年にAirPowerを正式にキャンセルしました。同社はプロジェクトの終了につながった理由の開示を拒否し、幹部はデバイスが「私たちの高い基準を達成できなかった」と述べました。その後の報告では、過熱に関連する問題が指摘されました。

およそ1年後、AirPowerの復活の報告が表面化し始めました。技術の巨人がプロトタイピングとテストを再開し、高度な電源管理のためにA11プロセッサを統合することで、過熱の問題を解決できる可能性があることが示唆されました。

AirPowerが完全に放棄されたと噂されているため、Appleは新しいMagSafeワイヤレス充電プロトコルを推進することが期待されています。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年10月27日 by M林檎