iPhone 12 mini、iPhone SEよりも小容量の2,227mAhのバッテリーを搭載、また、ブラジルとインドで生産予定

Tecnoblogによると、ブラジルの通信規制機関であるANATELは本日、11月発売の新しいiPhone 12 miniのバッテリーを認定しました。認定されたコンポーネントは「A2471」の識別子で2,227mAhの容量があります。

iPhone SE(2020)のバッテリーは1,821mAhなので、iPhone 12 miniのバッテリーの容量より18%少なくなっています。

Appleのウェブサイトに基づくと、iPhone 12 miniは最大15時間のビデオ再生可能で iPhoneSEとiPhone8は最大13時間です。ただ、3,110mAhの内蔵バッテリーを搭載したiPhone11の17時間よりも短い時間です。

iPhone12のバッテリーは2,815mAhであることが確認されました。これは、iPhone11のバッテリーよりも少なくなっています。

さらに、ANATELのドキュメントには、少なくともiPhone 12 Proは、中国以外のブラジルとインドのFoxconnユニットで組み立てられると記載されています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年10月17日 by M林檎