iPhone 12の噂:ProモデルでのFace IDの高速化、カメラズームの改善、バッテリー寿命の延長ほか

リーカーのMax Weinbachが、バッテリー寿命やカメラ技術などに関連するiPhone12のラインナップについていくつかの情報を共有しました。

Weinbachは、Twitterの@PineLeaksアカウントを通じて、iPhone 12ProおよびiPhone12 Pro Maxは、少なくとも1時間のバッテリー寿命の延長により、バッテリー寿命がわずかに向上するはずだと報告しています。一方、iPhone 12 miniは、フォームファクタが小さいため、現在のiPhone11よりもパフォーマンスが悪いと予想されます。

Face IDに関しては、今日の噂では、動的ゾーニングアルゴリズムと呼ばれる機能がiPhone12のラインナップに搭載されることが示されています。この機能により、FaceIDのパフォーマンスが向上すると報告されています。iPhone 12 miniの場合、ノッチは水平方向に小さくなりますが、FaceIDセンサー用のスペースを確保するために垂直方向にわずかに大きくなります。

Weinbachはまた、デジタルおよび光学ズーム機能が今年のiPhone12で大幅に改善されると報告しています。これは、信頼できる漏洩者のKanが金曜日に、iPhone 12ProとiPhone12 ProMaxがそれぞれ4倍ズームと5倍ズームで改善された光学ズームを備えていると報告しました。

改善されたデジタルズームは、異なるズームレベルで複数のフレームを組み合わせ、それらを積み重ねることによって実現されます。これは、トリミングと光学ズームのハイブリッドです。Deep Fusionに基づくアルゴリズムは、正しい位置合わせとシャープネスを処理します。スマートHDR3もサポートします。

Weinbachはさらに、ウルトラワイドレンズは間違いなく大口径になると付け加え、全面的に低照度性能を改善しています。また、マクロ機能を改善するために、現在のiPhone 11UltraWideと比較して対象物に近づくことができると報告されています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年10月12日 by M林檎