台湾のDigiTimes:12.9インチミニLED iPad Proが2021年初頭に登場、ミニLED MacBookはその後!

台湾のDigiTimesによると、Appleは2021年初頭に12.9インチのミニLEDバックライト付きiPad Proを発売し、来年の後半にはミニLEDバックライト付きMacBookを発売する予定です。

Appleは2021年初頭に12.9インチのミニLEDバックライト付き「iPadPro」を発売する予定であり、各タブレットはEpistarが独占的に提供する10,000を超えるミニLEDを使用する予定です。Epistarは、2020年第3四半期にそのようなミニLEDを生産するために、青色光LEDチップ製造装置を変更することにより、ミニLEDの生産を開始する準備ができていると情報筋は述べています。

アナリストのKuo氏は、長い間、ハイエンドの12.9インチ‌‌iPadPro‌‌がAppleの最初のミニLED製品になるだろうと予測してきました。Kuo氏は、2020年の第4四半期に「iPadPro」用のミニLEDディスプレイの生産が開始されると考えていますが、発売は来年まで行われない可能性があります。

Kuo氏は、16インチMacBook ProのミニLEDバージョンが2020年後半のリリースに向けて準備中であり、AppleはミニLED14.1インチMacBookProにも取り組んでいると述べていますが、発売時期には言及していません。

Kuo氏は以前、ミニLEDディスプレイは、最新のiPhoneで使用されているOLEDディスプレイと同じ利点の多くを提供しながら、より薄くて軽い製品設計を可能にするだろうと述べました。1,000〜10,000個の個別のLEDを使用するミニLEDディスプレイは、従来のLEDベースのディスプレイと比較して、より深く、より暗い黒、より明るい明るさ、より豊かな色、より優れたコントラストを提供できます。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年9月29日 by M林檎