Microsoftが、過去にWindowsXPのテーマとしてMac風のUIをテストしていた事実が判明

Microsoftは、オペレーティングシステムをMacのように見せるための秘密のWindowsXPテーマを作成していました。最近のWindowsXPソースコードのリークにより、2000年の初期のXP開発中に作成された未リリースのテーマが明らかになりました。

1つは「Candy」というラベルが付いており、2000年にMacworld Conference&Expoで最初に導入されたAppleのAquaインターフェースによく似たデザインが含まれています。テーマは不完全ですが、Windows XPのスタートボタンとさまざまなボタンおよびUI要素はAppleのAquaと一致します。

Microsoftは、オペレーティングシステムをMacのように見せるための秘密のWindowsXPテーマを作成していました。最近のWindowsXPソースコードのリークにより、2000年の初期のXP開発中に作成された未リリースのテーマが明らかになりました。

1つは「Candy」というラベルが付いており、2000年にMacworld Conference&Expoで最初に導入されたAppleのAquaインターフェースによく似たデザインが含まれています。テーマは不完全ですが、Windows XPのスタートボタンとさまざまなボタンおよびUI要素はAppleのAquaと一致します。

Microsoftは、Windows XP用のAquaテーマをリリースしたことがなく、OSの初期のソースコードで使用されていたと理解しています。Windows開発者は、Windows XP用のテーマエンジンを構築するためのプレースホルダーとしてテーマを使用したようです。

Microsoftは、XPの最終バージョンの青と緑のルナテーマに移行しました。これは、OSが最初に2001年にリリースされたとき、多くの人がフィッシャープライス風と呼んでいました。

リークは、何百万人ものユーザーが使用しているオペレーティングシステムの初期の開発についての興味深い情報です。

(via The Verge)

 

(via The Verge

Last Updated on 2020年9月27日 by M林檎