物忘れ防止タグ、AirTagのレンダリング画像

Appleは、追跡の目的でキーや財布などのアイテムに取り付けて、ユーザーがFind Myアプリで直接それらを見つけられるように設計された、物忘れタグのタイルのようなBluetooth追跡デバイスに取り組んでいると考えられています。

Prosser氏の3Dレンダリングは、「実際のAirTags」のビデオと画像に密接に基づいているようです。彼は、サプライチェーンの情報源を保護するためにオリジナルのビデオを投稿しなかったと主張しています。

デバイスの前面にはロゴがなく、すべての製品情報は背面の磨かれた銀色の金属ディスクにエッチングされています。最終製品は「ボトルキャップより少し大きい」と伝えられています。このデザインは、多くのコンセプトアーティストが想定しているデザインからそれほど離れていません。

このデバイスには、取り付けシステムが組み込まれていません。Prosser氏は、「AirTagを差し込むだけの小さな革のポーチが付いているキーホルダー」は別売りになると言っています。

Prosser氏は、さらに、ウルトラワイドバンドU1チップはAirTagの機能の多くをサポートし、将来的にはすべての製品ではないにしてもほとんどの製品に搭載されます。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年9月15日 by M林檎