CoinbaseのCEO、App Storeのポリシーが暗号通貨の革新を阻害すると主張

デジタル通貨取引所CoinbaseのCEOであるブライアン・アームストロング氏は、先週末、AppleのApp Storeの規制により、暗号通貨分野の革新が阻害されていと主張をしています。

Twitterでアームストロング氏によると、App Storeポリシーによって、同社は暗号通貨を使用してお金を稼いだり、分散型金融アプリにアクセスしたりできなくなります。アームストロング氏によれば、後者の制限はより広い暗号通貨セグメントにとって特に深刻なものです。

仮想通貨アプリのDappsまたはDeFiアプリは、基本的にはどのブラウザーからでもアクセスできるWebサイトにすぎません。しかし、Appleは基本的に、ユーザーがアプリからアクセスできるローンを取得したり、利息を得たりするためのWebサイトをユーザーに提供できないと言っています。

彼はさらに、DappsとDeFiアプリが新興市場、さらには指摘されていないサービス提供コミュニティに与える潜在的な影響についても言及します。このテクノロジーは、たとえば、銀行が利用できない、またはアクセスできない世界の一部地域で、代替の資金源やローンを提供できるのですが、App Storeがそれを阻害しています。

アームストロング氏は、多くの暗号通貨アプリはAppleによって「検閲」されているため、機能が不足していると指摘しています。

同社は、6月に発表されたハイテク大手による新しいレビュープロセスに基づいて、AppleのApp Storeガイドラインに正式な異議申し立てを提出する予定です。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年9月13日 by M林檎