Apple、Googleに対抗する独自の検索エンジンを公開か?

AppleがGoogleと競合する可能性のある独自の検索エンジンに取り組んでいる兆候があります。

Googleの検索エンジンは、すべてのiPhone、iPad、Macでデフォルト設定されていますが、AppleがGoogleを独自の検索エンジンに置き換えることができます。

噂は新しいものではなく、兆候は多数あります。さらに、Appleにはそれを行う正当な理由がいくつかあります。

最新の証拠は、Appleがまもなく独自の検索エンジンを立ち上げる可能性があると主張するCoywolfのJon Henshawから得たものです。

同氏は、iOSおよびiPadOS 14ベータ版のSpotlight Searchの変更、Applebotサポートページの大幅な更新、およびAppleBotからのクロールの増加は、Appleの検索エンジンが間もなく表示されることを示唆していると述べています。

同氏は、Appleの検索エンジンによる訪問の増加に気づきました。彼のウェブログによれば、Applebotは最近彼のブログに毎日アクセスしており、以前、アクセスはたまにしか起こりませんでした。

SearchEngineRoundTableは、2020年7月に、Appleが「about Applebot」のヘルプドキュメントページを更新して、Web結果のランク付けに関する情報を追加したことにも言及しました。

Appleは、Apple SearchがWeb検索結果をランク付けする際に以下を考慮に入れる可能性があることを示しています。

検索結果とユーザーエンゲージメントの集計
検索用語とWebページのトピックおよびコンテンツとの関連性とマッチング
ウェブ上の他のページからのリンクの数と質
ユーザーの位置に基づく信号(概算データ)
ウェブページのデザインの特徴

SpotlightでWebを検索すると、クエリがGoogle経由でルーティングされないことが長い間ありました。Appleによれば、iOS 13の「Siri Website Suggestions」の下にリストされているWebヒットもApple独自の検索エンジンからのものです。

これは、2014年に最初に登場しました、ApplebotをWebクローラーとして使用します。それ以降、Apple検索エンジンに関する情報が出回っています。しかし、Googleとの関係を終わらせることを選択することは、Appleにとって金銭的には損失です。Bernsteinの推定によると、 Googleは検索エンジンをiPhoneのデフォルトとしてプリセットするために、Appleに年間約30億ドルを支払います。

GoogleとAppleの間の検索エンジン取引は、イギリスとEUの市場監視の側で長い間、監視対象となっています。Henshawは、2020年7月に英国競争市場局は契約を検討しており、次のように語っています。クパチーノ用に別の検索エンジンを選択すると費用がかかる場合でも、そのような行動のための資金とリソースはAppleが簡単に利用できます。

もしくはAppleはGoogleにデフォルトとして別の検索エンジンを提供することもできます。Googleの代わりにSafariの設定でBing、Yahoo、Duckduckgoを選択することはすでに可能です。現在、Googleがプリセットですが、変更される可能性があります。

Appleの検索エンジンは、Googleを損なうでしょうか。Microsoftは、Bingでこれを長い間行ってきました。Windowsの検索機能を使用して検索クエリを開始すると、会社独自の検索エンジンであるBingがクエリされます。Microsoftの市場支配力にもかかわらず、これはGoogleにほとんど害を及ぼしませんでした。

ただし、iPhoneの検索クエリがGoogle経由で突然作成されなくなった場合、これはGoogleにとって問題になる可能性があります。結局のところ、iPhoneユーザー(特に米国では)は、広告を重視する企業にとって重要なターゲットグループです。

(via MacWorld

 

Last Updated on 2020年8月29日 by M林檎