Apple、Apple TV +ストリーミングビデオサービスに拡張現実(AR)のボーナスコンテンツを追加予定

Bloombergのマーク・ガーマン氏の新しいレポートによると、AppleはApple TV +ストリーミングビデオサービスに拡張現実(AR)のボーナスコンテンツを追加する予定です。

たとえば、Appleのテレビ番組「For All Mankind」で月を歩くシーンを見ている人は、デバイスのディスプレイで、リビングルームのコーヒーテーブルの上にあるように見える仮想月面探査車を見ることができます。このオプションは、映画のダウンロードに伴う監督の解説や予告編と同様のボーナスコンテンツとして機能し、iPhoneまたはiPad上のAppleのTVアプリからアクセスできます。

ガーマン氏によれば、Appleは今年後半にApple TV+のAR機能をリリースする予定でしたが、世界的な新型コロナ危機の影響により、ローンチは来年に延期されました。ガーマン氏はまた、Appleが計画を中止する可能性もあると述べました。

Appleは、N301のコードネームで知られる初期のヘッドセットを超えて、複数のARプロジェクトとVRプロジェクトを開発していると言われています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月26日 by M林檎