Apple、バーチャルリアリティのスタートアップ「Spaces」を買収

Protocolのレポートによると、AppleはVRスタートアップSpacesを購入したとのことです。Spacesは先週、そのWebサイトで、既存の製品をシャットダウンすることを発表しました。

当初、DreamWorks Animationの一部であったSpacesは、モール内のSpacesの場所や米国中のその他の場所で見られるVRエクスペリエンスを作成しました。

パンデミックにより、Spacesは物理的なVRセンターをすべてシャットダウンし、多くのスタッフを解雇する必要がありました。Spacesはその後、Zoomなどのビデオ会議ソリューション用のVRエクスペリエンスを作成し、Zoomユーザーがアニメーションのアバターを使用して会議に参加できるようにしました。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月25日 by M林檎