新iMac(2020)の分解動画(前モデルとの変更点)

先週、発売された2020 27インチiiMac‌は、第10世代Intel Coreプロセッサー、AMD Radeon Pro 5000シリーズグラフィックス、最大128GBのRAM、最大8TBのストレージ、1080pのFaceTimeカメラ、True Toneディスプレイを搭載しています。

27インチ‌iMac‌の最大の変更点は、すべてのモデルにデフォルトでSSDが搭載されているため、機械式ハードドライブがないことです。マシンにはSATAコネクタがなくなり、小さなSSDがマザーボードに直接はんだ付けされています。

代わりに、4TBおよび8TB構成で追加のSSDを保持するための拡張ボード用の新しいはんだジョイントがあります。256GB、512GB、1TB、および2TB構成では、拡張ボードは存在しません。

機械的なハードドライブがないため、マシン内に未使用の空きスペースが大量に残っています。おそらくコストが原因で、AppleがiMac Proにある追加の冷却をこのスペースに実装することを選択しなかったようです。

もう1つの内部変更は、追加のマイクがケースの底部に接着されており、他のマイクは前の年と同じ位置にあることです。新しい1080pウェブカメラはLCDに取り付けられているため、マシンを開くときに3番目のケーブルを外すように特に注意する必要があります。

マイナーな変更を除けば、内部は以前のモデルとほとんど同じで、電源、冷却、ソケット付きCPU、ヘッドフォンジャックは同じです。スピーカーはアップグレードされたとされていますが、マシン内で視覚的に異なっているようには見えません。

新‌iMacは、内部コンポーネントのほとんどすべてを以前のモデルと共有しているため、以前のモデルよりも費用がかからず、修理も難しくありません。全モデルのほとんどの部品は、このモデルと互換性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月9日 by M林檎