Apple Silicon iMacのコンセプト画像

Appleは、今年新しいiMacモデルまだ発表していませんが、来年に向けてAppleシリコンチップを搭載した再設計されたバージョンを予定しているため、今年のモデルは、現在の世代と同じデザインになる可能性があります。

ダニエル・バウティスタによって作成されたこのコンセプトは、再設計されたiMacがどのように見えるかというアイデアを私たちに与えます。

バウティスタは、将来的に特定のMacモデルに含まれると予想されるFace IDを備えた新しい再設計されたiMacをイメージしました。

リーク情報提供者のSonny Dicksonよると、Appleは、Pro Display XDRとiPad Proに着想を得た、再設計された新しいiMacに取り組んでいます。これはおそらく、ベゼルが薄くなり、縁が平らになることを意味します。これがまさにバウティスタのコンセプトが示していることです。

概念上、新しいiMacは、Proスタンドに取り付けられたiPad Proのより大きなように見えます。ボディが薄く、エッジが小さくなっていることで、2012年から同じデザインのAppleのデスクトップコンピューターにモダンな外観を与えています。

このコンセプトには、新しいデザインだけでなく、さらにエキサイティングな可能性があります。画像はまた、バックライト付きキーを備えたMagic Keyboardを含む、Appleのアクセサリの新バージョンを示しています。

コンセプトイメージでは、Magic Mouseのエクスペリエンスもこのコンセプトで再考されました。マウスは同じように見えますが、ワイヤレス充電が特徴です。現在のMagic MouseにはLightningケーブルを使用して充電できるバッテリーが内蔵されていますが、ご存じのとおり、コネクターはマウスの下部にあります。Magic Keyboardとは異なり、Magic Mouseを裏返して充電する必要があります。

このコンセプトは、iMacスタンドに組み込まれたワイヤレス充電パッドベースでMagic Mouseを充電するエレガントな方法を示しています。マウスのバッテリーがなくなった場合は、マウスをiMacのスタンドに置いて、充電が完了するまで待つだけです。これにより、AirMacやiPhoneなどの他のデバイスもiMacスタンドを使用してワイヤレスで充電できます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年8月4日 by M林檎