Appleのサプライヤー、米中戦争のリスクを回避するため生産拠点をインドにシフト!

The Times of Indiaによると、一部のAppleサプライヤーは、かなりの生産ラインをインドに移す計画です。世界的な健康危機と米国との貿易戦争の中で厳しく監視されてきた中国への依存を減らすために、多くの企業がサプライチェーンの多様化を計画しています。

匿名のApplサプライヤーは、合計6つの生産ラインをインドにシフトする予定です。これらの新しいインドの生産ラインのための新しい施設の設立は、年間で約55,000人の労働者の雇用を生み出すと予想されています。

iPhoneの製造を開始しますが、今後数年間で他のデバイスに拡大する可能性があります。

AppleのサプライヤーであるWistron、Pegatron、Foxconn、Samsungは、インドに生産施設を設立する予定です。これらのベンダーは、インドのベンダーであるDixon LavaとMicromaxと協力してAppleに製品を提供する予定です。

Foxconn は先月、インドに10億ドルもの投資を計画しており、すでにインドで最初の製造工場を設立したことを発表しました。先月、Apple はインドのFoxconn工場でiPhone 11の製造を開始しました。インド国内で最新モデルが製造されたのはこれが初めてです。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月4日 by M林檎