iPhone 12、すべてのモデルにOLEDディスプレイを採用、アダプタとイヤホンの同梱なし!

Nikkei Asian Reviewによると。iPhone 12は4つの新しいモデルで構成され、それぞれにOLEDディスプレイが搭載され、新型iPhoneにLCDモデルは無くなります。

さらにAppleはほとんどのiPhoneユーザーがすでに充電器とヘッドフォンを豊富に所有しているという事実基づき、アクセサリをバンドルせずにコストを削減します。

iPhone 12は、新しい5.4インチの画面サイズ、2つの6.1インチモデル、および新しく大きなディスプレイの6.7インチバージョンで提供されます。デバイスの全体的な工業デザインは、最新のiPad Proによく似ており、側面(エッジ部分)は平らです。

また、AppleはOLED iPhoneパネルの供給について主にSamsungに頼り、この傾向はさらに1年間続くと述べています。Appleは、サプライヤー間の競争を強化するために、BOEテクノロジーをサプライチェーンに追加しようとしていますが、同社はまだAppleの厳しい品質管理に対応していません。

BOEは、iPhone 12の発売サイクルの後半には、サプライチェーンに追加される可能性があります。

Appleは9月の(仮想)メディアイベントでiPhone 12シリーズを正式に発表する予定です。多くのアナリストは、COVID-19パンデミックの結果としての生産の遅れを指摘しています。

ただし、Appleはうまく対処しており、コロナウイルスのロックダウン制限が緩和されたため、かなり遅れを取り戻しているようですが、 iPhoneの発売遅延は最大で1〜2か月になると予想されます。すべてのiPhone 12モデルは11月より前に発売される見込みです。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年7月8日 by M林檎