iOS 14 beta 2にQRコード決済機能を搭載!

本日(2020年7月8日)公開されたばかりのiOS 14 beta 2にQRコード決済機能が見つかったと9 to 5 Macが報じています。

iOS 14のコードで見つかった参照は、Appleが、iPhoneカメラでQRコードまたは従来のバーコードをスキャンして、ユーザーがApple Payで支払いを行えるようにする新しい方法に取り組んでいることを明らかにしています。

iOS 14ベータ2に隠されていたこの機能になんとかアクセスできましたが、まだ機能していません。

ただし、どのように機能するかを示す画像をはっきりと見ることができます。ユーザーはiPhoneカメラをQRコードまたは従来のバーコードに向けて読み取り、Apple Payに登録されたカードで支払います。

また、反対の方法も機能します。PayPayなどのQRコード決済と同様にiPhoneでQRコードを表示させて、レジで読み取ってもらう方法です。

QRコード決済は、公開APIとなるので、サードパーティアプリも何らかの形で使用できる可能性があります。

QRコードに関する以前の記事は以下の通りです。

iOS 14のリーク情報、 「Gobi」ARアプリで見つかったAppleブランドのQRコード(動画あり)

Last Updated on 2020年7月8日 by M林檎