iOSで採用されている「H.265 / HEVC」の後継として発表された「H.266 / VVC」コーデック

フラウンホーファーハインリッヒヘルツ研究所は、H.265 HEVCの後継者の正式リリースを発表しました。これは、H.266 / Versatile Video Coding(VVC)と呼ばれています。

現在、H.265は、ストックカメラアプリ内のビデオキャプチャで使用されるデフォルトのコーデックであるため、iPhoneなどのAppleデバイスで広く使用されています。

H.265 / HEVCが90分の4K UHDビデオを送信するのに約10ギガバイトのデータを必要とするのに対し、H.266 / VVCは5ギガバイトしか必要としません。

新コーデックは、高解像度の4Kおよび8Kストリーミングを念頭に置いて特別に設計されました。データ要件のこのような削減により、ユーザーはストレージ容量を大幅に増やすことなく、より高品質の画像をキャプチャできるようになります。

H.266 / VVCが広範囲に採用されるまでにはしばらく時間がかかると予想されます。 H.265 / HEVC標準の最初のバージョンが2013年1月に批准されたにもかかわらず、H.264 / AVCは、採用され続けています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年7月7日 by M林檎