今年リリースされるMac用Appleシリコンは3種類か?

TwitterユーザーのLonghornが、Appleが今年リリースするARMアーキテクチャーのチップ(Appleシリコン)についての情報をリークしています。

– t6000/6001/6002 (almost certainly Mac – ?)
– t8101 (iPhone – A14)
– t8103 (iPad – A14X)
– t8301 (Watch – S6)

iPhone用のA14は、「t8101」で、iPad用のA14Xは「t8103」となっています。下1桁しか違わないのは、コア数の違いだと考えられます。

Apple Watch用のS6は、「t8301」で、これはiPhone用から派生したデザインが大きく異なるチップのため、下3桁目から番号が異なるようです。

Mac用と思われる「t6000」「t6001」「t6002」は、下4桁が異なり、iPhoneやiPad用とは、アーキテクチャーはiPhone用と同じながら、別設計のチップだと考えられます。
この3種類の中での下1桁の違いは、コア数だと考えられます。

iPad Proに搭載されている「A12Z Bionic」は、GeekBench 5のベンチマークでシングルコアのスコアが1,115前後でマルチコアは4,620程度もあります。(MacBook Airはマルチコアのスコアが2,600程度)(via ITmedia)

以上のようにAppleシリコンは非常に高性能であり、Mac用は、iPhoneやiPad用に比べてアプリを同時起動させる機会が多く、動画編集なども行うため、コア数も倍以上になり、相当なスコアをたたき出す可能性があります。

Last Updated on 2020年7月14日 by M林檎