Microsoft、「Microsoft Store」のリアル店舗を全店閉鎖へ

 

Microsoftは、2020年6月26日、Microsoft Storeのリアル店舗の閉鎖をを発表しました。

同社のリテールチームメンバーは、引き続きマイクロソフトの企業施設の顧客にサービスを提供し、リモートで販売、トレーニング、サポートを提供します。

Microsoftは引き続きMicrosoft.comのデジタルストアフロントとXboxとWindowsのストアに投資し、190の市場で毎月12億人以上の人々にリーチするとのことです。

マイクロソフトのコーポレートバイスプレジデントであるデビッドポーターは、次のように述べています。 「マイクロソフトストアのお客様に感謝します。オンラインおよびマイクロソフトの企業拠点の小売販売チームで引き続きサービスを提供できることを楽しみにしています。」と述べています。

Microsoftは、物的な製品として人気があるのはSurfaceやマウスくらいしかなく、リアル店舗の存在感は、ほとんどありませんでした。

Apple用にMacやiPadなどの多様なデバイスを販売するのであれば、一度、実際に触ってみたいとのニーズは多くあるため、存在意義がありますが、Microsoftの倍委は、ソフトウェア中心の企業なので、リアル店舗の必要性は薄かったと言えます。

Last Updated on 2020年6月28日 by M林檎