ARM Macは省電力だが、低パフォーマンス!?

発売が期待される省電力のARMチップを搭載したMacですが、最初は、Intel製のハイエンドチップのようなハイパフォーマンスを提供できないため、12インチMacBookのような軽量ノートブックに採用されそうです。

以前のBloombergの記事によると、アップルの現在のモバイルデバイスチップには、さまざまな種類のタスクを処理するコアがあります。最新のiPad Proには、パフォーマンス重視のワークロード用に4つのコアがあり、さらに4つのコアが低電力タスクを処理してバッテリー寿命を維持します。

最初のMac用ARMプロセッサには、Firestormというコードネームの8つの高性能コアと、内部的にIcestormと呼ばれる少なくとも4つのエネルギー効率の高いコアが搭載されます。

Qualcomm Inc.や他のモバイル半導体業界と同様に、AppleはSoftBank Group Corpが所有するArm Inc.のテクノロジーを使用してスマートフォンチップを設計しています。

これらのコンポーネントは、Intelの製品よりも消費電力が少ないことがよくあります。しかし、近年、Armの顧客は、より強力なプロセッサも作成しようとしています。

同社の最初のカスタムMacチップは、IntelがハイエンドのMacBook Pro、iMac、Mac Proデスクトップコンピュータに提供するパフォーマンスに匹敵することができないため、おそらく新しいラップトップから搭載が始まるでしょう。

Intelからの移行は複雑であり、Appleのソフトウェア、ハードウェア、コンポーネントソーシングチーム間の緊密なコラボレーションが必要ですから、完全移行は難しそうです。

Last Updated on 2020年6月13日 by M林檎