Apple、iOS・iPadOS 13.5を正式に公開!

Appleが、iOS・iPadOS 13.5を正式に公開しています。

以下が、iOS・iPadOS 13.5の新機能等です。

iOSおよび‌iPadOS‌ 13.5は、AppleおよびGoogleが設計した通知APIを導入しています。これは、公衆衛生当局がウイルスの拡散を遅らせることを目的としたCOVID-19連絡先追跡アプリを作成できるように設計されています。

iOS 13.5では、露出通知APIとそれに付随するアプリの基礎を築くだけでなく、マスクを着用しているときにパスコードでiPhoneを簡単にロック解除できます。

このアップデートでは、roup FaceTimeにも微調整があり、Appleは新しいトグルを導入して、話している人のタイルを自動的に拡大する機能を無効にします。デフォルトでは、グループ「FaceTime」には各人のタイルが表示される動的ビューがあり、話す人には大きなタイルがあり、他のタイルは背景にフェードインします。

設定アプリの「FaceTime」部分の「自動プロミネンス」セクションでこれを無効にして、「FaceTime」を使用しているすべての人を、誰が話しているかに関係なく、同じサイズのウィンドウのグリッドに表示できます。タイルはタップで拡大できます。

このアップデートは、Personal Hotspotの問題も解決する場合があり、一部の人にとっては機能しなくなり、VPN関連の脆弱性も修正される可能性があります。

ほかに公衆衛生当局がそれを利用するCOVID–19連絡先追跡アプリの開発を開始できるように、ベータ版の容量で公開通知APIが導入されています。ほとんどの機能は、新しいAPIを組み込む健康関連のアプリ用ですが、ユーザーがCOVID-19の公開通知への参加をオプトアウトできるように設計されたトグルがあります。