[電脳コラム]新型コロナウィルス流行をきっかけに国家の欺瞞を正して欲しい!

新型コロナウィルス対策では訳の分からないことが多すぎる。

[コロナ]

  • いったい日本でどれくらいの人が感染しているのか、推計が公表されない。(ほかにも科学的なデータが公表されない)
  • PCR検査をなぜ抑える必要があったのか、正式な理由を知りたいが、誰も答えない(増やすように努力するという政府発表ばかり)
  • アビガンを外国に供与するのに日本国内での治験になぜそれほど時間がかかるのか(その間に死者が増える)
  • 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が発表している実行再生算数は、東京の実行再生産数が0.5以下になっているのにその根拠データを公開していない。PCR検査を抑えてきたこととあわせて、裏でデータをコントロールしている可能性がある。

さらにコロナ以外で訳の分からないことを思いつくままにあげてみる。

[社会]

  • 国は二十年間も国民の所得が下がり続けることに対して無策なのか?(今や韓国、台湾に抜かれようとしている)
  • なぜ、義損が簡単な印鑑が決済に必要なのか。(サインや電子決済の方が合理的では)
  • 国は、各種の補助金受給を難しくするために申請書類をややこしくしているのか。
  • なにかイレギュラーなことが起こると、国にとって便利な「自己責任論」が浮上するのか。
  • 少子化がだめだといいながら、国は思い切った政策をとらないのか。
  • 政府は、経済の話しとなるといつもも経団連なのか(地方の中小企業は商工会議所だ)
  • なし崩し的に外国人を定住させているのは無責任ではないか。
  • 漁獲量を管理すれば、中長期的には漁獲量が増えるのが分かっているのになぜ手を付けないのか。
  • なぜ、日本は外圧や災害でしか変われないのか。

[災害]

  • 東京直下地震や南海トラフの地震が来るのが分かっているのに、対策や緩いのか。(取得脳の分散化が進まない)
  • 渡橋一極集中がリスクであるのになぜ手を付けないのか。

まだまだいっぱいあるけど、本当に不思議の国、日本だ。

実は、日本という国の衰退は、このようにあまりにも合理性を無視していることにある。政治も人々も情緒的で、本当に痛いところにメスを入れられない。

ひょっとして日本は、私たちが思っている以上に国家というシステムが腐っているのかもしれない。

 

レイニー 鈴木

レイニー 鈴木

レイニー鈴木事務所代表 企画、営業、総務、人事と幅広い職務を経験。 人生のモットーは、「仕事の今を楽しもう」というポジティブアプローチ。 現在は、ブロガー、心の自由人として日々の生活を楽しんでいる。