リモートワークによるPCの需要増でも、第1四半期のMacの出荷は21%減少

Canalysによると、2020年第1四半期のPC需要は、リモートワークや遠隔授業などで高まっていますが、生産と物流の深刻な遅れから、実際の出荷は21%減少しています。

PC全体の出荷台数は2020年第1四半期に5370万台に達し、前年同期と比較して8%減少しました。しかしAppleの場合、出荷数は20%以上減少したと伝えられており、リモートワークでは、高価なApple製品より、安価なWindows製品が好まれているようです。

また、Appleは、リモートワークなどに必要なモニター、Webカメラ、プリンターのラインナップがありません。(モニターのPro Display XDRをリモートワークに使う人はいません)

(via 9 to 5 Mac