Apple、COVID-19への対応で中華圏以外のApple直営店を3月27日まで休業と発表!

Apple、COVID-19(コロナウィルス)への対応で中華圏以外のApple直営店を3月27日まで休業と発表しました。

そのため、日本国内のApple Storeは、全店休業です。

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界規模の蔓延は、私たち一人ひとりに影響を与えています。Appleは人々が第一であると考え、テクノロジーが人々の生活を変え得るという信念、さらに、このような時にこそテクノロジーがツールとして真価を発揮するという希望の下、私たちにできることを実践しています。教職員の方々はオンライン授業の導入を進めています。企業は新しい手法を通じて生産活動の維持に努めています。医療分野の専門家は病気を診断し、重要な最新情報を絶え間なく多くの人々に届けています。私たちは各々が自分自身のやり方でこの難局に適応·対応しており、Appleもまた、皆さん一人ひとりが、各地域コミュニティが、テクノロジーを通じてもっと強くなれるお手伝いを続けていきたいと考えています。

→AppleのCOVID-19への対応

Last Updated on 2020年3月15日 by M林檎