Apple、2020年に薄型ディスプレイを搭載した5.4インチおよび6.7インチiPhoneをリリースする予定!

韓国のETNewsによると、Appleは2020年にOLEDディスプレイを薄くした5.4インチと6.7インチのiPhoneを発売する予定です。

このレポートによると、iPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro MaxモデルはY-OCTAと呼ばれるSamsungの技術を採用し、タッチスクリーン回路について別のレイヤーを必要とせずにOLEDパネルに直接パターン化して、ディスプレイを薄くするとのことです。

Samsungは、5.4インチと6.7インチの両方のiPhoneにY-OCTAディスプレイをAppleに供給し、低価格の6.1インチモデルは、SamsungとLGの両方が供給する従来のフィルムベースのディスプレイに固執する、とレポートは付け加えます。中国のディスプレイメーカーであるBOEは、2020年のiPhoneのサプライヤとしては稼働していない可能性があります。

2020年はiPhoneにとって大きな年になると予想されており、上記の2つの新しいディスプレイサイズ、iPhone 4に似た再設計された金属フレーム、背面3Dセンシング、5Gサポート、最大6GBのRAMの搭載が噂されています。

(via MacRumors