AnandTech、「iPhone 11 Pro」のグラフィックスパフォーマンスが「iPhone XS」より50〜60%高いと主張!

AnandTechが、「iPhone 11 Pro」のグラフィックスパフォーマンスが「iPhone XS」より50〜60%高いと主張しています。

CPUのパフォーマンスについて、A13チップが昨年のiPhoneモデルのA12チップよりも約20パーセント高速であり、Appleの宣伝された主張と一致することを発見しました。ただし、この改善を完全に達成するには、AppleはCPUコアのピーク消費電力を増加させる必要があると主張しています

実質的にすべてのSPECint2006テストで、AppleはA13 SoCのピーク消費電力を削減しました。そのため、多くの場合、A12をほぼ1W上回ります。ここで、ピークパフォーマンスでは、電力の増加がパフォーマンスの増加よりも大きかったようです。そのため、

ほとんどすべてのワークロードで、A13はA12よりも効率が低くなります。
A13チップのピークパフォーマンス状態での効率の観点から、AnandTechは、消費電力が大きくなると、チップとiPhoneの両方が温度に敏感になり、スロットルが発生しやすくなると考えています。

AnandTechはGPUのパフォーマンスにさらに感心し、宣伝されているようにピークパフォーマンスが約20%向上しましたが、iPhone 11 ProはハイエンドGFXBenchグラフィックベンチマークに基づくiPhone XSよりも50〜60%高い持続パフォーマンススコアを示しました。

新しいチップが本当に輝いていて、Apple自身のマーケティングの主張を上回るのは、新しいGPUの持続的なパフォーマンスと効率です。特に、「iPhone 11 Pro」モデルは、サーマルを抑制しながら、大幅に改善された長期的なパフォーマンス結果を示すことができました。

(via MacRumors