iPhone 11シリーズには、物忘れタグを実現するための超広帯域無線(UWB)を実現する「U1」チップが組み込まれている!

Appleが先日開催したスペシャルイベントでは、ほとんど触れられませんでしたが、iPhone 11、iPhone 11 Pro /Maxには、物忘れタグを実現するための超広帯域無線(UWB)を実現する「U1」チップが組み込まれています。

UWBは、到達時間計算を使用して正確な距離を算出します。これは、信号がデバイスに送信されてから返されるまでの時間を測定します。指向性アンテナは、UWBデバイスが距離だけでなく方向も判断できます。(これまでのBluetoothは、アバウトで不正確な位置情報しか取得できません)

Appleは、スマートフォンにUWBチップを組み込んだ最初の企業です。しかし、Google、Samsung、HTCなどはさまざまな企業が、UWBトレードグループのメンバーであるため、今後普及することは間違いないようです。

(via 9 to 5 Mac