Appleは、管理職不足に陥っている!?

最近のAppleは、アンジェラ・アーレンツやジョニー・アイブなどの上級幹部が退職し、Appleのトップマネージャー20人が管理するスタッフの人数が非常に増えています。

リテイル担当チーフのアンジェラアーレンツが4月に退職した後、Appleのエグゼクティブであったクックに近い人事部長のディアドレ・オブライエンは、以前のAhrendtsの直属の部下をすべて抱えることで、23人の直属の部下を持つようになりました。これは、他のどの幹部よりも多い人数です。

Appleは、2017年12月現在、米国の従業員約84,000人のうち役員は115人の役員です。それに比べて、Microsoftは同じ時期に546人のエグゼクティブを抱え、74,000人の従業員を監督していました。

The Informationによると、上級管理層の比較的小さなサイズはSteve Jobsの遺産であり、1997年にAppleに戻ったときに管理構造を簡素化して迅速な意思決定を可能にしたと言います。

(via 9 to 5 Mac