新iPhone、コードネーム「Rose」の新しい「R1」コプロセッサーを搭載!

Appleは、新iPhoneのA13シリーズチップに「Rose」というコードネームの「R1」コプロセッサを追加すします。

iOS 13の内部ビルドでは、Roseコプロセッサーの最初のバージョンであるR1(t2006)は、iPhoneが地球上のどこにあるのかをiOSに知らせるのに役立つという点で、AppleのMシリーズモーションコプロセッサーに似ています。

R1の違いは、デバイスがどこにあるのかをより正確に把握するために、モーションコプロセッサーよりも多くのセンサーを統合していることです。モーションコプロセッサは現在、コンパス、ジャイロスコープ、加速度計、気圧計、およびマイクからのデータを統合しています。

Roseコプロセッサは、慣性測定ユニット(IMU)、Bluetooth 5.1機能、ウルトラワイドバンド(UWB)、カメラ(モーションキャプチャおよび光学追跡を含む)センサーデータのサポートを追加して、デバイスの場所を特定するだけでなく、このセンサーを融合しますデータを集めて失われたAppleタグを見つけ、ARKitのPeople Occlusionの処理を支援します。

センサーデータの収集と処理が重複していることを考えると、RoseコプロセッサーはMシリーズモーションコプロセッサーを置き換える可能性があります。

Bluetooth 5.1の到来角(AoA)および出発角(AoD)機能により、Bluetooth方向検出が可能になり、これらをR1による他のセンサーデータと組み合わせることで、高解像度のAppleタグを見つけることができます。 2018 iPhone XS、XS Max、およびXRにはすべてBluetooth 5.0が搭載されています。

(via MacRumors