iPhone XR後継機のRAMは、1GB増量の3GBを搭載!

投稿されたばかりの新しいGeekbenchの結果は、(もし本物ならば)来週のメディアイベントで発表予定の次世代iPhone XRのパフォーマンスデータを明らかにしています。

テスト結果には、iOS 13.1を実行している「iPhone12,1」のモデル番号と、N104APのマザーボード識別子がリストされています。ブルームバーグは5月に、次世代のiPhone XRの内部コードネームはN104であったことを報告しています。

Phone XR後継機のRAMは、1GB増量の3GBを搭載されています。A13の高性能コアは、A12の2.49 GHzと比較して、今日の結果では2.66 GHzで動作していることが示されています。これにより、A13のシングルコアパフォーマンスが5415のスコアで約12〜13%向上しました。

13のマルチコアスコア11294は、A12の平均スコア11192とほぼ同じですが、Geekbenchの開発者であるジョンプールによると、iPhone XSのA12でも同様の状況が見られたため、温度制限による抑制があると予想され、実際の最高パフォーマンスでない可能性があります。

(via MacRumors