○○人的な自己中人間と付き合う方法!

最近、輸出管理強化のもの問題で、韓国と言う国やその国民性が、様々なメディア上でよく話題となっている。

特に反日、歴史ねつ造を繰り返す韓国の人たちの行動パターンは、日本にいるある種の自己中心的な人たちに似ている。(もちろん韓国的というのは、韓国人すべてを指しているのではない。最近の反日を先導する人たちと、それに乗って加熱する人たちの傾向を指している。)

そこで、この韓国人的な自己中心主義の人たちと上手く付き合う方法があるのだろうか?

ここで言う自己中心的な人間とは以下のような人間だ。

  • 自分の言動の全てを正統化したり、相手の責任にする。嘘で正統化することも平気。
  • 過去の言動の意味をすり替える。
  • 気に入らないことがあると人一倍人に告げ口をしたり悪口を言ったりする。
  • 自分が困ると過去の言動を棚に上げ、手のひら返しで助けを求める。

結論から述べると、

このような自己中心的な人間とうまく付き合う方法はない。

このような人と普通の人なら付き合いたくないと思うのだが、過去に何らかの借りがあったりすると律儀な性格に人は助けようとする。

こういう人は付け入られやすい。韓国的人間にとって大騒ぎするのは、日常茶飯事だから無視されてもあまり気にしていない。

だが、律儀で借りのある人間にとっては、困っている知人を放ってはおけない。
そこに平気で甘えてきて、借りのある人間を苦しめる。

また、ほかに得する人間がいると天秤にかけたりして得な方を選ぶ。
そのようなコウモリ的な生き方が染み付いている。

さて、このような超自己中の人間と付き合う方法はあるのだろうか。

自己中心的な人間には、言葉で明確に意見を伝える必要がある。

自分の意思が強いこと、妥協の余地がないことを伝える。
それで相手が変わればよし。
変わらなければ、決別するしかない。

相手は幼児的で泣き叫んですがるかもしれないが、それで主張を曲げてしまうと、延々とその関係が続く。

可哀想でも突き放して付き合わないことだ。
おそらく、長年染み付いた性格は、よほどの辛酸を舐めないと変わらないだろう。

結論

韓国的な自己中人間とうまく付き合う方法は、深く関わらないこと。
これがうまく付き合う方法だ。