Apple、「Apple Watch Series 5」にJapan Display製のOLEDディスプレイを採用

著名なアナリストMing-Chi Kuoによると、2019年後半に発売予定の新しいApple Watch Series 5モデルにJapan Display製のOLEDディスプレイの採用割合を増やすとのことです。

Kuo氏は、Japan DisplayへのApple WatchのOLEDディスプレイ注文の割合を徐々に増やし、2019年の15-20%から、2021年には70-80%に増加する模様です。

また、Appleは、サプライチェーンの多様化を図るために、中国のメーカーBOEを追加のサプライヤーとして利用するとKuo氏は考えています。

Apple Watch Series 5は、例年取りならば9月に発表されるはずです。

(via MacRumors