2021発売のiPhoneには、Face IDに加えて指紋検知ディスプレイを搭載

Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuoによる新しいレポートによると、Appleは2021年にFace IDとディスプレイ上の指紋センサーの両方を備えたiPhoneを発売するとのことです。

Kuoの予測は、ディスプレイ上の指紋認証(FOD)に関するAppleの特許と、Androidスマートフォンで採用されているテクノロジに基づいています。

技術面では、モジュールの厚さ、センシング面積、消費電力、積層歩留まりなど、FODの4つの重要な技術的問題が12〜18か月以内に大幅に改善されると予測しています。

Appleは、セキュリティと利便性を高めるためにFace IDとFODの両方を備えた新しいマルチバイオメトリクスのiPhoneを発売するとKuo氏は、考えています。

(via MacRumors