Appleが、MacBookシリーズにバタフライキーボードを採用したとき、ユーザーの「キーボード命のマインド」を分かっていなかったかも!?

Appleは、現在、MacBook、MacBook Air、MacBook Proにバタフライキーボードを採用しています。

バタフライキーボードは、Macを薄型化するために必須の技術で、タッチストロークが短く、非常に反応がよいのが特徴です。

その判明、入力時のユーザーの責任ではない、反応によって、ダブル入力されたりする不具合が起こっています。

結局、Appleは、薄型、軽量化を重視するため、バタフライキーボードを採用し、従来の打ちやすく、ミスタイプの少ない、キーボードを放棄しました。

実は、モバイル林檎は、旧式のキーボードが好みです。頃合いのストロークがあり、タッチ音が気持ちよいのが特徴です。それに比べてバタフライキーボードは、会議などで記録する際には、カチカチ音がうるさく実用的ではありません。

できることならモバイル林檎は、旧式のキーボードを復活して欲しいと思っています。
ものを書く人間にとって、あのタイプ感は、新しい発想を呼び出してくれる素晴らしいタッチは忘れられません。

まあ、これは筆者だけの思いかもしれません。
しかし、Appleが初めてバタフライキーボードを導入したとき、Appleが、ユーザー本位で無くなったように感じてしましました。

もう引き返せませんが、Appleは、熱狂的なユーザーのためにもバタフライキーボードをもっと進化させる責任を負っています。