watchOS 6、Apple IDの2ファクタ認証の6桁コードが表示可能

Apple IDの2ファクタ認証は、自分で信頼した iPhone、iPad、または Mac などのデバイスでのみサインインできる機能です。

確認コードは、新しいデバイスやブラウザに Apple ID でサインインした際に、信頼できるデバイスまたは電話番号に送られる一時的なコードで、watchOS 6でApple Watchに確認コードが表示されるようになりました。

Apple Watchが対応すると、わざわざ他のデバイスを起動させる必要がないので便利です。

(via MacRumors