Mac Pro(2019)とApple Pro Display XDRのハンズオン動画、どちらとも最近ない無骨なデザイン

筆者の個人的な印象ですが、今回発表されたMac Pro(2019)とApple Pro Display XDRは、これまでのAppleらしいエレガントな曲線デザインは、影を潜め、ゴツゴツとしたただの機能的な工業製品ような、工場の片隅に置いておくのが似合うようなデザインになった印象を受けました。ディスプレイも同様です。

特にMac Proのパイプ、それも足の部分は、どこか100円均一で売っている組み立て用の金属製の棚を彷彿させます。

今のAppleには、アイブ氏に続くような天才的なデザイナーがいないのではないでしょうか?

機能優先のタワー型、モジュラー型になったからといって、ここまで機能重視のデザインにするのはどうでしょうか。

穴だらけの前面は、吸気をスムーズにして、スムーズな排気と組み合わせて、排気効果をあげながら風切り音を最初かするモノなのでしょう。

しかし、穴の形状がオシャレじゃありません。もう少し工夫があって見よかったのでは?と思います。

ぜひ、デザインチーフのアイブ氏が、本格的に介入して、デザインを見直してほしいものです。

(via AppleInsider