顧客よりもブランド重視の方針でApp Store従業員に不満が溜まる!

Bloombergが、Appleの顧客よりもブランド重視の方針でApp Store従業員に不満が溜まっていると伝えています。

この方針は、元バーバリーのCEOでAppleのリテイル部門の責任者であったアンジェラ・アーレンツ(Angela Ahrendts)氏が打ち出していたものです。

アーレンツ氏は、20147年鳴り物入りでAppleに入社し、Apple Watchのブランド化に尽力していきましたが、100万円以上するApple Watch Editionは、失敗に終わりモデルは廃止されました。

ほかにも、ジーニアスバーが一部の店で廃止されるなど、顧客重視のリテイル部門従業員からは、不安の声が上がっていたとのことです。

最近ではiPhoneの販売不振など、デバイス販売部門が不調で、同氏は責任を問われる立場にいました。

結局、この4月に同氏は、Appleを退社しています。後任は、ディアドラ・オブライエン(Deirdre O’Brien)氏で、リテイル部門の立て直しに取り組んでいます。

(via MacRumors