Apple、iPhone(2019年)の一部モデルにタッチセンサーを統合したOLEDディスプレイを使用し薄型化・軽量化を図る!?

サプライチェーンのレポートによると、Appleは新しいタイプのスクリーン技術を使用して、2019年のiPhoneモデルのうちの少なくとも1つのハイエンドモデルについて、薄型化、軽量化する予定だとのことです。

Appleは、これまでのパネルとは構造が異なるタッチ式のフレキシブルなOLEDパネルを使用することを決めたということです。

現在のディスプレイは、ディスプレイ自体の上に別個のタッチセンシティブレイヤーを使用しています。 2019年モデルでは、OLEDスクリーンにタッチ・センシティブを統合することで、デバイスの薄さと軽量化を実現します。

ETNewsによると、このディスプレイは、Samsungによって製造されるということです。
Samsungディスプレイは、タッチ式のフレキシブルな有機発光ダイオード(OLED)パネルをAppleのiPhoneに供給します。それは ‘Y-OCTA’と呼ばれるSamsung OLEDです。

業界の情報筋によると、Appleは新しいiPhoneにタッチ式フレキシブルOLEDパネルを使用し、Samsungディスプレイに開発と製造を依頼したとのことです。Samsungディスプレイは、関連する企業とのパートナーシップを締結し、ディスプレイを作るための部品や材料を開発しています。

(via 9 to 5 Mac