iFixit、11インチiPad ProとApple Pencil 2を分解!

分解修理で有名なiFixitが、11インチiPad ProとApple Pencil 2を分解しています。

iPad Proは、分解すると4つのスピーカーが見えます。それは4つのウーファーと4つのツイーターで構成されていて、迫力のあるサウンドに貢献しています。

スピーカーとロジックボードカバーが、ロジックボードへのアクセスを妨げていますが、内部にはA12X Bionic SoC、64GB Toshibaフラッシュストレージ、4GBのMicron RAM、NFCコントローラ、AppleのWi-Fi / Bluetoothモジュール、2つのBroadcomタッチスクリーンコントローラ、Texas Instruments電源コントローラが見つかりました。

バッテリーは、3.77Vで動作し、29.45Wh、7,812mAhの容量です。これは10.5インチのiPad Proの30.8Whよりも若干出力が落ちています。

Face IDコンポーネントは、iPhoneと同様のものです。USB-Cポートは、以前のLightningのようにロジックボードへには直接ハンダ付けされていません。

iFixitは、超音波ブレードを使用して新しいApple Pencilを分解しました。そこにはバッテリー、ワイヤレス充電コイル、アラインメントマグネット、Broadcomタッチコントローラーを発見しました。

また、新しいApple Pencilで導入されたサイド面のタップ入力を感知するために使用されると考えられる容量性グリッドを発見しました。

11インチのiPad Proの修理可能スコアは10ポイント中3ポイントと低い評価です。これは接着材が多く使われていることによるものです。

(via MacRumors