iPhone XR、実は販売好調!?

Appleオンラインストアでの予約にも余裕があることから、iPhone XRの予約について、不調なのではないかとの意見が出ていますが、著名アナリストのMing-Chi Kuo(郭明錤)は、予約開始後3日間の予約台数は、昨年のiPhone 8 / 8 Plusの合計を上回り、好調だと述べています。

在庫に余裕がある理由は、販売不振なのではなく、iPhone XRの位置づけによるものだということです。

Appleが大好きなアーリーアダプタは、すでにiPhone XSかiPhone XS Maxを購入しており、iPhone XRを買うのは、価格に敏感な一般層であるため、初期出荷台数は、比較的落ち着いています。

しかし、iPhone XRの販売は安定したものとなるため、Kuo氏は2018年第4四半期(10月−12月)のi出荷台数の予想を当初の3,300万〜3,500万台から、3,600万〜3,800万台へと上方修正しました。

(via MacRumors