Apple、ビンテージMacを修理するパイロットプログラムをMacBook Airに適用

Appleのビンテージ製品は、製造中止から 5 年以上 7 年未満の製品で、一部の例外を除き、ビンテージ製品に対するハードウェアサービスを終了しています。

Appleは、これまでパイロットプログラムとして、米国とトルコでは、21.5インチと27インチのiMac(Mid,2011)について、2019年1月1日まで修理期間を延長していました。

MacRumorsが、信頼できる情報筋からの話として明らかにしたのは、今回新たにパイロットプログラムの対象となるのは、米国で8月31日にビンテージ製品に追加される11インチと13インチのMacBook Air(Mid,2012)です。

これらの製品は2020年8月31日まで、世界中のApple StoreとApple認定のサービスプロバイダで修理サービスを受けることができます。

(via MacRumors