Apple、コストカットのため「台湾のサプライヤー」から「中国のサプライヤー」へ切り替えを進める。

Digitimesによると、Appleが、コストカットのため台湾のサプライヤーから中国のサプライヤーへ切り替えを進めているとのことです。

Appleは近年、中国でのマーケティング戦略のため、中国のメーカーをサプライチェーンに導入するようになっています。

MacBookのを製造していたCatcher Technologyに加えて、Everwin Precision Technologyという中国のメーカーをサプライヤーに加えました。

台湾の企業Catcher、Foxconn、Casetekは、Appleが要求する量を満たす能力を備えているため、主要シャーシサプライヤーとして残る可能性が高いですが、今後、Appleは中国市場を失わないためとコストカットのために、中国メーカーへの依存度を高める方向へ方針転換を行っているようです。

(via 9 to 5 Mac