新iPad(第6世代)と他モデルのスペック比較図と動画

 

MacRumorsが、iPadのスペック比較図と動画を公開しています。

比較しているのは、10.5インチiPad Proと新iPad(第6世代)、iPad(第5世代)の3機種です。

新iPad(第6世代)とiPad(第5世代)の違いは、Apple Pencilのサポートで、あとはCPUが、A9からA10 Fusionになったくらいの違いです。しかし、Apple Pencilのサポートは大きいかもしれません。

従ってスペック表にはありませんが、iPad(第6世代)にはiPad(第5世代)にはない、Apple Pencilを利用可能にんするため、新しいタッチセンサーが採用されています。

10.5インチiPad ProとiPad(第6世代)の違いは、ディスプレイの性能です。iPad Proでは、色域がより広く、色の再現性の高い高性能のディスプレイが採用されています。

CPUは、iPad ProがA10X Fusionで、iPad(第6世代)がA10 Fusionです。

それとiPad Proは、4スピーカーを採用しています。

価格はiPad(第6世代)が37,800円(税別)からで、105インチiPad Proは69,800円(税別)からですから、最低ストレージの差が32GBと64GBとの差があっても、iPad(第6世代)はお買い得のようです。