Apple、「Apple Pencil」に対応したiWork for iOS(Pages、Numbers、Keynote)を公開!

Apple。「Apple Pencil」に対応したiWork for iOS(Pages、Numbers、Keynote)を公開しています。

またほかの特徴として、デジタルブックが作成できるようになりました。iWork for iOS  バージョン4.0新機能等は

Pages:

Apple Pencilや自分の指を使って描画や注釈を挿入
• ペン、鉛筆、クレヨン、塗りつぶしツールを使って簡単に描画を追加できます。
• スマート注釈ベータ版を使って、関連付けられたテキストに常にリンクされるコメントやマークを追加できます。

ほかの人と同時に共同制作
• リアルタイムな共同制作機能を使えば、チーム全員が同時に1つの書類で共同制作できます。
• 共同制作機能はMac、iPad、iPhone、iPod touchのPagesに内蔵されています。PCユーザも共同制作できます。
• 書類は公開したり、特定の人と共有したりできます。
• 書類で現在共同制作している人を簡単に確認できます。
• ほかの人のカーソルを見て、その人たちの編集に付いていくことができます。
• iCloudまたはBoxに保存されている書類で共同制作できます。

 

Numbers:

• Apple Pencil(サポートしているデバイス)や自分の指を使って描画したり書いたりできます。
• Boxに保存されているスプレッドシートでリアルタイムの共同制作ができます。
• 表で条件付きハイライトを使って、値が指定した条件を満たしたときにセルのアピアランスを変更できます。
• 表を並べ替えたりフィルタリングするための強力な新しいオプションが追加されました。
• CSVやテキストデータの読み込みが改善されてカスタマイズ可能になり、独自の区切り文字および固定幅ファイルがサポートされます。
• ドーナツグラフを使って、データを新しい魅力的な方法で視覚化できます。
• インタラクティブなイメージギャラリーを追加して、写真のコレクションを表示できます。
• 新しく追加されたさまざまな図形を自由に編集して、スプレッドシートの魅力を高めることができます。
• アラビア語とヘブライ語を双方向サポートします

 

Keynote:

•Apple Pencil(サポートしているデバイス)や自分の指を使って描画したり書いたりできます。
•スライドショーの実行中に描画のアニメーションができます。
•Boxに保存されているプレゼンテーションでリアルタイムの共同制作ができます。
•プレゼンテーションのテーマを簡単に変更できます。
•プレゼンテーションスライドのサイズや縦横比を調整できます。
•ドーナツグラフを使って、データを新しい魅力的な方法で視覚化できます。
•インタラクティブなイメージギャラリーを追加して、写真のコレクションを表示できます。
•新しく追加されたさまざまな図形を自由に編集して、プレゼンテーションの魅力を高めることができます。

Apple → iWorkのアップデートにより、Pages、Numbers、Keynoteで手書きや本の作成などが可能に