Apple、watchOS 5で初代「Apple Watch」非サポートか??

開発者David Smith氏が「Pedometer++」(歩数計)アプリのデータによって、Apple Watchの利用率、そしてApple Watch Series 3の普及率の見通しを把握するデータを公開しています。

同氏は、2017年8月1日(Apple Watch Series 3のデビュー前の1ヶ月前)から2018年3月14日までに収集されたデータを調べました。その間、Apple Watchシリーズを所有しているアクティブなPedometer ++ユーザーの数は急速に増加しています・

歩数計のユーザーの35%以下がApple Watch Series 3を、24%がApple Watch Series 0(初代)を所有しており、2017年の8月の40%を下回りました。

スミス氏によると、Appleは、Apple Watchシリーズ 0(初代))の使用率を注意深く見守っている。それは、Appleが使用率が落ちると、すでに動作が重くなっているため、新watchOSでのApple Watchをサポートすることを望んでいるからです。

WatchOS 5が発売されると、おそらく今年9月、初代のApple Watch 0は、発売後3年以上になり、現在のトレンドに基づいて、彼のPedometer ++アプリではシリーズ0の使用率は15〜20%と低くなる可能性があるとSmith氏は考えています。全体の使用率を反映しています。

(via MacRumors