Apple、中国政府の求めにより「中国のユーザーが利用するiCloudデータ」を貴州のデータセンターへ異動

Appleは、中国本土でのiCloudサービスが来月から中国貴州の地方政府が所有するクラウド・ビッグ・データ(GCBD)で管理されるとのことです。 (via People’s Daily, China)

2017年6月に導入された中国のクラウドコンピューティング規制により、今回の措置がとられました。

サイバーセキュリティの法律は、外国企業が中国国内にデータを保存することを求めています。中国にデータセンターを持つ他のハイテク企業には、MicrosoftとAmazonがあります。両社とも新しいルールに準拠する必要があります。

サイバーセキュリティの法律では、中国内で利用されるデータセンターは、中国企業が管理することが義務づけられています。

Appleはこれに合意し、国外にあった中国国民のiCloudデータを中国国内に移転しました。

この中国の政策は、表向きはセキュリティは保護されているとされていますが、内情は国民の監視に利用されると考えられます。

(via MacRumors

以下が中国政府の指示によりAppleのとった対応です。