Apple、中国の旧正月(2月16日)にあわせてiPhone Xのブラッシュゴールド・モデルを発売か?

iPhone Xの名称が、まだiPhone 8と予想されていた8月頃に、リークで有名なBenjamin Geskin氏が、iPhone 8(現在のiPhone X)の赤銅色の新色はFoxconn内部では「Blush Gold” (腮红金) 」(ブラッシュゴールド)と呼ばれていると述べていました。

要するに当時、iPhone Xは、シルバー、ブラック(実際はスペースグレイ)、ブラッシュゴールドの3色で発売されると予想されていました。

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏は、9月のレポートで、iPhone Xの供給量について非常に厳しいと述べると同時に「ブラッシュゴールド」カラーの生産に問題が起こっており、シルバーとブラックのカラーが先行販売され、「ブラッシュゴールド」の発売は後日になる可能性があると述べていました。(下の記事)

赤身を帯びた金色のカラーは、iPhoneの販売が低迷している中国市場でのiPhone販売のテコ入れになると考えられ、発売時期は、財布の紐が緩む旧正月を意識して決定されると考えられます。

(via 経済日報