Apple、 True Depthカメラ内の垂直共振器面発光レーザ(VCSEL)生産のために「Finisar」のテキサス工場へ3億2000万ドル(約440億円)を投資

Appleは、今年、Face IDに使用するTrue Depthカメラ内の垂直共振器面発光レーザ(VCSEL)生産のために「Finisar」へ3億2000万ドル(約440億円)を投資することを発表しました。

この資金は、Appleが米国内の雇用創出のために設立した10億ドル(1,125億円)の基金から拠出されます。

「Finisar」の向上はテキサス州シャーマンに建設され、500人以上のエンジニアやメインテナンス技術者などの雇用を創出します。この工場は100%再生可能エネルギーで賄われる計画です。

Appleは、2018年発売のiPhone SE以外のiPhoneとiPad ProにFace IDを搭載するすると予想されます。

そのためにもTrue Depthカメラを増産する必要がありました。また、米国内での雇用創出はトランプ大統領からの要求であり、その2つを満たすために今回の投資が行われたと考えられます。

Apple awards Finisar $390 million from its Advanced Manufacturing Fund

How Apple and Finisar are transforming the future of this Texas town